お酒を飲むことは絶対にだめ?

お酒は確かに体にはよくないのですから体の内だけでなく眠りも良くないのです。

ですので、お酒を飲むことは絶対にだめ。といいたいところです。

ですが、皆さんも経験したことがあると思いますが、ちょっと軽くほろ酔い程度でお酒を飲むと眠気を誘うと思いませんか。

そしてそのままねむってしまい、起きた時の気持ちよさといったらたまらないと思いませんか。

軽くお酒を飲むぐらいが一番眠気としてはちょうど良いんですよね。

普段からの疲れがうまく抜けるというか、そういった効果があるのも軽いお酒の効果といえるのです。あくまで軽い一杯ね。

ここでまとめておきますが、お酒を飲むといってもどのお酒でも良いというわけではなく、

あまりこの効果として挙げられるのは焼酎が良いということだと思います。

ただし、この場合でも軽く飲むことが大事であり、飲むことを中心に考えるのではなく、あくまで睡眠のために飲むと考えた方が良いでしょう。

ですので沢山飲むというやり方はおすすめできしませんし、

かえって睡眠の妨げになってしまいます。

よけいに悪くしてしまうという結果になりますので気をつけなければなりません。

うまく酒と付き合うということは睡眠にも直接繋がってきますので、自分の飲む量などを知っておくと良いと思います。

酒を飲む量を知るということが1番むつかしいかもしれませんね。

快眠をいかにとることができるかというよりは、どれぐらい酒の凌駕適量かということを調べる方がむつかしいかもしれませんね。