なかなかの盲点

ねるためにはこういった食べ物を優先させたいと今までしていたのですが、

そうではなく、

逆にぐっすり眠るためには、

食に関してどうしたらいいのかということを考えてみました.

おなかいっぱい食べてしまうと、

間違いなく眠たくなるのですが、

この眠ることはできないということは、

もちろんそれは考えてみたらわかりますよね.

お腹はずっとうごいているわけですから、

結果的には、頭の中で寝ていたとしても、体は動いている状態ですものね.

これではうまくいくはずがありません。

空腹の場合は寝れないといいますが、

コレに関しては意外と止められるものです.

たべること以外を考えて寝れば、すんなりと寝ることができるからです.

眠ることと食べることとは反比例する。

こういうことなのかもしれません。

ぐ余りにもお腹がすきすぎたらたしかに眠れないかもしれませんが、そういう時は水やミルクなどを飲めば、少なからずその場をしのぐことができます.

そうすれば自然とねることができるでしょう。

ちょっとしたことがが必要となってきますよね.

ですので、快眠食として何かを食べなければならないというのではなく、快眠するための食事として何を控えなければ行けないか、

もしくは何を食べればそれほど負担がかからないのかということも、

いちから調べていけば面白い結果わかるのではないでしょうか.

これをたべればよいから、コレを食べないほうがよいというのはなかなか盲点だったと思います。