卵をうまく活用

魚や肉を積極的に取る。

そして米類などの炭水化物をバランスよくとる。

というのが1番画期的な睡眠に繋がるということを説明しました。

これらのことは決してむずかしいわけではなく、誰もが簡単にバランスよくとることができると思います。

しかし、朝の場合はひとつではなく和食の方もいれば、洋食の方もいるでしょう。

朝ご飯と味噌汁と、やき魚を食べたいというひともいれば、パンだけを食べたりコーヒーを飲んだりするのが主体にしたひともいるでしょう。

そのどちらの和食も中華も洋食も何にしても、食材としてポイントとなってくるのが卵ではないかと思います。

朝食に卵を一ついれて置いておくだけでも随分と違ってきますので、積極的に取り入れたいところです。

さてなぜ卵がいいのかというと、ビタミン B 群を豊富に含んでいるということです。

ビタミン B 群の中でもとりわけ B1とB12種類を多く含まれています。

実はビタミン B 群は安眠に繋がる効果があります。

これがこの卵の中にたっぷりと含まれている点から考えても、快眠に繋がるといえるのです。

卵を積極的に取る人は、和食の場合は卵焼きするのもいいですし、洋食の場合はゆで卵やスクランブルエッグという方法もありますので、

バラエティー豊富な料理を考えてみると

卵料理はすばらしい睡眠導入剤だというのです。

うまく活用して快眠につなげていきたいところですね。また寝る前にすこしこばらがすいたときにでもいいのではないかと思います。