食べ方とか過ごし方とか

どうしても食材に目を向けてしまいがちですが、

食べ方とか過ごし方とか、そういったところでも変わってくるみたいですね。

例えば、夜をしっかり眠りたいと思うなら、

寝る前のコンディションも大切でス。

食事と睡眠はとても密接な関係にありますので、それらを追求していくことが大切だと思います。

夜ご飯に何を食べれば眠ることができるかを考えることよりも、

朝食に何を食べるかの方が良いような気がします。

夜はほとんど食べなくても朝しっかり食べればその分回復しますし、

しっかりと摂取したものが夜になったら睡眠に導いてくれる成分もありますので、

そういった形で健康のことを考えても睡眠のことを考えてもおすすめだといえます。

また、入浴などもポイントですね。

つまり生体リズムをきちんと整えていく、これが大切なのでしょう。

前回も説明しましたが、トリプトファンをしっかりとること、

しかも朝に取ることが大切です。

日本食がいかによかったかということが見直されているのはこういったところにあるのかもしれません。

洋食でパンでも構いません。

その時は豆乳やヨーグルトバナナなどと一緒に摂取すると良いのです。

そうなれば夜もしっかりと眠ることができます。

体の中で「朝」であるということをしっかりと意識させることによって、

「夜」は眠るという体になっていくと思います。

すぐに眠る事が出来るという効果があるのではなくて、すこしずつ作り上げていくもんなんですよね。